脂肪肝と中性脂肪

MENU

脂肪肝と中性脂肪

中性脂肪とは、人間が活動をする上で必要なエネルギーとなるものです。

 

身体に取り入れた脂質は、小腸から吸収された後、血液中に入ることで、身体の様々な活動を支えています。しかし、活動によって消費されなかった脂質は中性脂肪として、体内に蓄積されます。

 

・脂肪肝と中性脂肪の関係

小腸が吸収して分解した脂肪酸は、肝臓にも送られることになります。

 

肝臓は、身体に必要なエネルギーを貯蔵して、必要な時に供給している大切な臓器ですが、貯蔵されているエネルギーが使われない場合、肝臓に中性脂肪として蓄積されます。

 

特に、肝臓の働きが低下している場合、アルコールが原因となる中性脂肪が溜まりやすい特徴を持っています。さらに、現代人の、アルコールが原因である脂肪肝の割合は大きいようです。

 

・中性脂肪を消費することで脂肪肝を改善

脂肪肝を改善するには、肝臓に蓄積されている中性脂肪を消費することが大切です。肝臓内に蓄積されているものは、必要に応じて、身体に供給されるようになっているため。

 

身体がよりエネルギーを必要とする状態になることで、中性脂肪を消費することが出来ます。適度な運動を、日常の中で継続的に行っていくのも方法のひとつですが、さらに、消費を期待するのであれば、肝臓そのものの代謝機能を促すという方法があります。

 

肝臓は、身体に取り入れたものを、分解して体内で使用出来るようにして肝臓に蓄えています。そのほか、肝臓は胆汁を生成して脂肪の消化吸収をサポート、アルコールや薬品、食品の添加物などの解毒なども行っているため、オーバーワーク気味な臓器であると言えるでしょう。

 

つまり、肝臓の働きをサポートするような成分を食品などから補うと、肝臓の負担が軽減されるため、肝臓の代謝機能が高まり、肝臓は蓄積された中性脂肪をうまく代謝することが出来るようになります。

 

 

肝臓は、毎日休むことなく働いているため。肝臓をサポートするような成分は、出来るだけ継続して取り入れることが大切です。