タウリンの脂肪肝に対する効果・効能

MENU

タウリンの脂肪肝に対する効果・効能

タウリンは、栄養ドリンクに含まれている成分として多くの方が取り入り入れています。飲むと活力が生まれるようなイメージのある成分ですが、タウリンがは、身体の細胞を正常な状態に戻して維持しようとする働きを持っています。これを、ホメオスタシスと言います。

 

・肝臓の働きをサポートする効果

お酒を飲む前にタウリンを取り入れる方がいるのは、タウリンが持っている肝臓の働きを高める効果を期待していらっしゃるからです。タウリンには、胆汁酸の分泌を盛んにする働き、肝細胞の再生を促進させる働きなどがあります。

 

肝臓は、飲酒の際のアルコールの解毒の役割を担っていますが、それ以外にも、食品の中に含まれる添加物の解毒、飲用している薬の解毒など。身体が健康を維持するための大切な働きをしているため、常に膨大な仕事を抱えているような状態なのです。

 

特に、アルコールの解毒は、肝臓にかなり負担が掛かります。しかし、タウリンを摂取することで、酵素の働きをサポートし、肝臓の負担を軽減することが出来ます。

 

・脂肪肝を改善する効果

脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪が蓄積されて、肝臓が肥満状態になっていることを指します。

 

脂肪肝にも、軽度から重度のものまで、様々な段階がありますが、軽度のものである場合、食生活を見直して、体に取り入れる栄養素に気を配ることで、症状を改善することが出来ます。

 

タウリンには、肝臓に蓄積されている中性脂肪を外に排出するのを助ける働きがあります。さらに、肝臓の解毒作用をサポートする働きもあります。

 

・血圧を下げる効果

血圧が上昇するシステムには、腎臓が関わっているものがあります。まず、交感神経が腎臓に働きかけて、腎臓の働きを抑制することによって、血圧が上昇します。

 

腎臓は、体内から水分や塩分を取り除くことで血液の量をコントロールし、血圧の上昇を抑えているのです。タウリンは交感神経に作用するため、塩分の過剰摂取による高血圧の予防効果が期待出来ます。

 

タウリンには、肝臓に対するいくつもの働きがあります。肝臓の働きが気になり始めたら、こうした成分を毎日の中に取り入れると、肝臓のより良いサポートとなるでしょう。