タウリンの副作用は?

MENU

タウリンの副作用は?

タウリンは、肝臓をサポートする働きを持っているため、様々な製品に配合されています。肝臓は身体にとって重要な働きをいくつも担っているため、常にオーバーワークな状態です。

 

アルコールの摂取はさらに肝臓に負担を掛けてしまうため、飲酒などの際に、タウリンを摂取して、肝臓の働きをサポートする効果を期待する方が多いようです。

 

・タウリンを栄養ドリンクから摂取した場合

タウリンは、魚介類などに含まれているアミノ酸の一種で、タウリンそのものに副作用があるとは考えにくいですが、タウリンが栄養ドリンクなどに配合されている場合には、注意が必要です。

 

栄養ドリンクには、タウリンだけではなく、そのほかにも様々な成分が含まれています。

 

例えば、カフェインや糖分などを含んでいる場合など、過剰摂取によって副作用が生じることもあるかもしれません。タウリンの効果を期待する場合には、タウリンのサプリメントなどから取るようにすると良いでしょう。

 

・アレルギーをお持ちの方がタウリンを摂取した場合

タウリンは、イカ・たこ・牡蠣・魚などの魚介類の中に含まれているため。多くのサプリは、こうした自然由来の成分からタウリンを抽出して、サプリに配合しているものが多いようです。

 

アレルギーをお持ちの方の中には、こうした魚介類が体質的に合わない方もいらっしゃると思います。魚介類に対するアレルギーをお持ちの方に関しては、タウリンを摂取することを控えた方が良いかもしれません。

 

・タウリンを過剰に摂取した場合

タウリンの適切な摂取量は、通常、1日に500〜700mgほどだと言われています。

 

さらに、タウリンは疲労回復の効果が期待出来る成分ですが、こういった疲労回復をサポートする場合でも、500mg前後の量で十分であるのだそうです。

 

こうした適切な量を考えずに、タウリンを摂取したとしても、その働きに大きな違いは見られないようです。しかし、こうした適切な量を大幅に超えて、化学合成のタウリンを過剰摂取した場合に、僅かな割合で吐き気や下痢などの症状が見られた事例もあるそうです。

 

タウリンは、1度に大量に摂取するよりも、身体が必要とする量を、毎日、コツコツ取り続けることが大切なようですね。