脂肪肝と症状と病気

MENU

脂肪肝と症状と病気

脂肪肝は初期の段階で見つかった場合、食事療法や運動療法などで、脂肪肝の改善を促します。しかし、脂肪肝は初期の頃にはほとんど自覚がないため、発見された時は、脂肪肝の症状が進行して病気などを引き起こしている場合が多いのだそうです。

 

・脂肪肝の症状

脂肪肝は、初期の頃には自覚症状はありませんが、症状が進行すると、食欲不振・腹部の膨満感・右上腹部の痛みなどの、自覚症状が現れることが多いようです。

 

さらに、症状が進行すると、全身の倦怠感・上腹部の痛み・黄疸などが現れるようになります。

 

・脂肪肝と病気

アルコールだけではなく、肥満や糖尿病が原因となって、脂肪肝を引き起こすことがあります。そして、脂肪肝が段階ごとに進行して、様々な病気になってしまう場合があります。

 

脂肪肝の次は、脂肪性肝炎という段階へと進みますが、脂肪性肝炎は、脂肪性の脂肪化が進行するだけではなく、肝臓が炎症を起こして、肝細胞が破壊されて機能しなくなってしまう場合があります。さらに、症状が進むと、肝硬変になることが多いようです。

 

肝硬変の初期の段階は、身体の倦怠感が現れることがありますが、肝臓は正常に近い状態で保たれます。しかし、さらに症状が進むと、黄疸や腹水などの症状が現れます。そして、最後の段階になると肝がんと進行することがあります。

 

・脂肪肝の分類

脂肪肝を分類すると、アルコール性・非アルコール性・NAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)・単純性脂肪肝・NASH(非アルコール性脂肪肝炎)などに分類されます。

 

これは、アルコールが原因となる脂肪肝と、アルコールが原因ではない脂肪肝を分類しています。

 

さらに、NAFLDは肝細胞に脂肪が沈着しているだけの単純性脂肪肝と、脂肪沈着に加えて炎症や線維化が起きる脂肪性肝炎に分けられます。アルコールが原因ではない場合の脂肪肝は、糖尿病などの生活習慣病が原因となって起こるようです。

 

 

脂肪肝は初期の状態であれば、生活習慣を見直すことで、改善することが出来るものです。脂肪肝の改善には、毎日の食生活に気をつけることや、肝臓の働きをサポートする栄養素などを取り入れるという方法があります。