脂肪肝とダイエット

MENU

脂肪肝とダイエット

美容や健康のために、ダイエットを実践する方が多くいらっしゃいます。通常、ダイエットをすると、身体の中性脂肪が減って健康になるようなイメージがあるかもしれませんが、間違ったダイエットをすることによって、脂肪肝になる場合があります。

 

・脂肪肝と中性脂肪

中性脂肪は肝臓で作られた後、身体や肝臓に蓄えられます。中性脂肪は、身体にエネルギーが不足している際に、蓄えておいた中性脂肪がエネルギーに変えられるという大切な役割を持っています。

 

身体が活動する時に、蓄えられている中性脂肪はエネルギーとして使われますが、中性脂肪を消費するよりも、蓄えられる量が多くなった場合、肥満などになってしまう場合もあります。

 

脂肪肝は、肝臓が中性脂肪を蓄え過ぎて肥満になっている状態を指しており。肝臓に蓄積している中性脂肪が燃焼されれば、脂肪肝を改善することが出来ます。肝臓の代謝をサポートするような成分を毎日の食事で取り入れることもひとつの方法です。

 

・脂肪肝とダイエット

ダイエットは、身体の中性脂肪を燃焼させることが大切です。本来、身体には代謝機能が備わっているため、代謝の良い身体である場合、不必要なものを自然に燃焼する働きを持っています。

 

間違ったダイエットの方法に、栄養のバランスを欠いた、食事制限などがあります。カロリーのみを重視して偏った食事を取り続けると、皮下脂肪が中性脂肪になってしまう場合があります。

 

身体は活動する上で、エネルギーが不足した際には、蓄えておいた中性脂肪をエネルギーに変えようとしますが、ダイエットなどで極端に脂肪が不足してしまうと、肝臓が必要なエネルギーに備えて、より多くの中性脂肪を作ろうとします。

 

その後、肝臓から中性脂肪が身体に送り出されて、必要なエネルギーに変えようとするのですが、中性脂肪を身体に送り出す際のたんぱく質が不足していると、肝臓に中性脂肪が溜まったままの状態となり、脂肪肝となってしまうのです。ある程度の脂肪やたんぱく質を取らない、間違ったダイエットには、このような危険が潜んでいます。

 

ダイエットは、身体に必要な栄養素を取り入れながら、健康的な方法で行うことが大切です。