オルニチンの副作用は?

MENU

オルニチンの副作用は?

オルニチンは、身体の中に存在しているもので、毎日の食事を通して口にする食品にも含まれているものです。肝臓に良い食品として知られているシジミには、オルニチンが含まれています。しかし、食品の中に含まれているオルニチンはごく僅かで、効率良く取ることが難しいものでもあります。

 

・オルニチンは体内に存在しているアミノ酸のひとつ

オルニチンは、遊離アミノ酸と言って、血液に溶け込んで身体中を巡るという特徴を持っているため、このような名前がついているようです。

 

アミノ酸は、身体が活動する上で必要不可欠なものでアミノ酸の中には、体内で合成できるものと、合成できないものがあるため、合成できないアミノ酸は、食品から取り入れる必要があります。

 

オルニチンは食品などの自然のものを通して身体に取り入れことが出来る上に、体内で合成することが出来るアミノ酸であるため、副作用があるとは考えにくいものと言えるでしょう。

 

・サプリメントに配合されているオルニチン

サプリメントは、身体が必要とする成分を効率良く、しかも身体に吸収しやすい状態で摂取することの出来る便利ものです。こうしたサプリメントは、少しの量で、1日に必要な成分を取り入れることが出来る反面、過剰摂取に関しては注意が必要です。

 

オルニチンが配合されているサプリメントは数多くありますが、中には、オルニチンに様々な効果を期待する方が、早くその効果を体感するために、決められた用量以上のサプリメントを飲むこともあるかもしれません。このような場合、過剰摂取による副作用が考えられます。

 

・アレルギーを持っている場合

アレルギーをお持ちの方の中には、魚介類にアレルギー反応を起こしてしまう方もいらっしゃいます。オルニチンは、シジミやマグロなどに含まれているため、サプリメントに配合されているオルニチンがこういった原料から抽出されている場合、副作用が考えられます。どのような原料から抽出されたものなのかを確認してから、摂取するように注意しましょう。

 

 

サプリメントは、用法や用量を守って摂取してこそ、健康のサポートに役立ちます。