脂肪肝の原因と基準

MENU

脂肪肝の原因と基準

脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪が蓄積されている状態であり、脂質の多い食事やアルコールの取り過ぎなどが原因となって起こるものです。脂肪肝は肝臓の肥満状態とも言われており、様々な病気などを引き起こす原因となる場合があります。

 

・脂肪肝となる仕組み

日々、食事で取り入れている栄養素の中でも、脂肪は小腸で脂肪酸に分解された後、肝臓に送られます。肝臓は必要なエネルギーとして、ある程度の量の中性脂肪を肝細胞の中に蓄積しています。

 

この際、身体に必要な中性脂肪の量が肝臓に蓄積されているのであれば問題ないのですが、肝臓に送り込まれる脂肪酸の量が増えすぎると、肝臓に中性脂肪が溜まりやすくなるのです。

 

・脂肪肝の基準

現代は、飽食の時代でもあり、現代人は肉食中心の食事であったり、栄養のバランスの悪い食事を取ることが多いようです。統計によると、脂肪肝は中年期を中心に増加している傾向があるようですが、初期は自覚症状がほとんどないため、脂肪肝によって病気が誘発された後、医師の診断によって、ようやく脂肪肝であることに気づくことが多いようです。

 

脂肪肝の基準としては、全肝細胞の30%以上が脂肪化している状態になると、脂肪肝ということになります。

 

・脂肪肝の原因

脂肪肝の原因には様々なものがありますが、脂質の多い食事による食生活の乱れや肥満、飲酒、または糖尿病が原因となる場合もあります。

 

中でも、アルコールの飲み過ぎは肝臓に中性脂肪を溜め込む原因となるだけではなく、肝臓でのアルコールの分解の過程において、肝臓に大きな負担を掛けることにもなります。肝臓の働きが低下している場合、ますます肝臓に中性脂肪が溜まりやすくなります。

 

・脂肪肝の症状の進行

初期の段階で、脂肪肝であることを自覚することが出来た場合。対策を取ることで、脂肪肝の進行を防ぐことが出来ます。脂肪肝は、次の段階で脂肪性肝炎となり、やがて肝硬変から肝がんに進行する場合があります。

 

食生活が大きな原因となっている脂肪肝を防ぐには、毎日の食事で取り入れているものに意識を向ける必要があります。

 

 

脂肪肝は、毎日の中で食事の内容を見直すことなどで、対策を取ることが出来るものなのですね。