脂肪肝とアルコールとの関係

MENU

脂肪肝とアルコールとの関係

アルコールを摂取することで、肝臓に負担が掛かることは、多くの方がご存知だと思いますが、中でも、アルコールが原因となる肝臓の症状の中で、多くの割合を占めるものは脂肪肝です。

 

脂肪肝とは、肝臓に過度に中性脂肪が蓄積されている状態を指しますが、目安として、肝臓に蓄積されている中性脂肪の割合が30%以上になった場合、脂肪肝ということになります。

 

・肝臓がアルコールを分解するプロセス

アルコールが肝臓で分解される際、まず、アルコール脱水素酵素(ADH)によって、有害なアセトアルデヒドに酸化され、次にアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)によって無害化されて酢酸になり、身体の外に排出されます。

 

肝臓は食品からだけではなく、アルコールが分解された脂肪酸からも中性脂肪を作り出します。食べ物よりも、アルコールの方が身体に取り入れるスピードも早くなるため、アルコールが好きなな方ほど、身体に取り入れるアルコールの量が多くなる傾向があります。その分、肝臓がより多くの中性脂肪を作り出すことになります。

 

・脂肪肝のアルコール摂取の目安

摂取するアルコールの量によっては、肝臓に蓄積される中性脂肪もさほど多くならずに済みます。目安として、アルコールに強い体質の場合で、日本酒3合分程度を毎日飲み続けることで、脂肪肝になりやすくなると言われています。

 

しかし、アルコールに弱い体質の場合、この目安に関係なく、日本酒1合以下の量を短期間飲んだ場合でも、脂肪肝になりやすくなります。アルコールに弱いとは、肝臓の分解がうまく行われないことであるため、出来るだけ日常の中で肝臓をサポートする成分を含む食品を取ると良いでしょう。

 

また、アルコールに強い体質である場合でも、毎日の飲酒が習慣化している場合には、飲酒の量をコントロールすることや、肝臓をサポートする成分を含む食品を取るなどして、肝臓をいたわる習慣を持つことが大切です。

 

 

過度なアルコールは、脂質の多い食事と同じくらいに、中性脂肪として肝臓に蓄積されてしまうのですね。